新生姜でジンジャーエール

先日、新生姜を大量に頂きました。
こんなにたくさんどうしよう?と思っていましたが、生姜ってジンジャーですよね。
つまりジンジャーエールじゃんと思い作ってみようと検索したら意外と簡単なことが判明。

ショウガ

生姜はこの写真は一部で、あと3倍ほど頂いています。

少し、がりにして、残り全部をジンジャーエールにしようと思います。
厳密に言うとジンジャーシロップになるのかな?
シロップを作って、あとで炭酸割して飲むので。

なんか最初は、不器用な私がこんなにもらってしまいどうしようか途方にくれましたが、何とかなりそうです。
でもまだ完成したわけじゃないので何とも言えないけど。

とにかく作ってみようと思う。
これならば子供も飲めるジュースが作れそうです。

がりだと、子供は食べてくれないんですよね。そう思うとジュースならばあまり抵抗がなさそうだよね。

小さい頃って、ジンジャーが生姜ってあまり知らないで飲んでいませんでしたか?
少なくとも私は、知らずに飲んで美味しいわと思っていました。生姜と知っていたら飲まなかったかも(>_<)

個性的なファッションが素敵

私はこれまで、結婚式も二次会も数えきれないほど参列してきました。ただ、参列者の服装はみんな似たり寄ったりで当たり障りのないものばかり、特に男性の場合はネクタイだけ変えればそのまま会社へ行けるような格好の人が多く個性がありません。そんな中で、私が素敵だなと思った服装の男性は今まででたった一人いました。

その人は大学のサークルの後輩で昔からとてもお洒落でした。サークルの先輩の二次会に参列した時の服装がとても素敵でした。その服装を一言で表すと個性的。でもありきたりな服装の男性に混じって後輩は個性的で目立っていました。

頭にはハットをかぶりスーツではなくベスト、ジーンズ生地だけど光沢があって高級感のあるパンツ、ネクタイは光沢のあるピンク、そしてポケットチーフはピンクとブラックのドット柄でした。

遊び心があってかつラフすぎず二次会という場をわきまえた服装でさすがと思いました。

引用参照文献/https://結婚式二次会服装男性メンズ.com/

お洒落上級者でしか着こなせない服装だと思いますが、後輩はこれをさらりと着こなしていてそれがまた素敵に見えました。人と違う格好を自分のものにしてしまうところがいいんだと思います。