大人は大人のファッションを。

年齢とともにファッションも変化していきますよね。でも、最近モデルさんも年齢不詳なファッションしていませんかぁ?少し前なら30代でピンク色の服とかフリル・リボンはNGに近いものがあったと思う。けれど、全く関係なく着ているし、スカートもそれじゃあパンツ見えちゃうじゃんというくらい短いスカートもはいていたりしますね。

これはアンチエイジングの一つなのでしょうか?確かに若い気持ちでいるのは大切ですが、その年代には年代の良さがあるんだけどなぁ。年相応という言葉は、今後はNGなんでしょうか?でも、幼稚園の行事に行けば、下は20代前半から上は40代のお母さんがいます。その中に行くと気負ってしまいます。毎回何を着ていこうか迷います。前と同じ服は着ないようにしなくちゃとか頑張っている感がでてないかとか、毎回必死です。そんなに見られているわけではない事は分かっているんですけどね。若い方には負けるところが多いけれど、アラフォーにはアラフォーの良さをアピールできるようなファッションを心がけたいなぁ。

男性を見ると、ハッと気づかされるのではないでしょうか?やはり年相応でオシャレな人が受けがいいですよね。妙な若作りに私たちがドン引きしてしまうのと同じだと思います。
メンズファッション通販サイトからも、私たちが勉強になることが多いですね。

メンズエステの存在はどういうものなのか?

メンズエステの従業員さんって男性?それとも女性?どっちなんだろう?両方いるのかな?今検索して調べてみたけど、女のエステティシャンの方が多そうですね。

女性は女性にしてもらった方がいいけど、男性って男性にエステしてもらったらやっぱり嫌なのかな?おねぇ系の人ばかり従業員希望してきそうだな。やっぱりそうなるとお客さんが来なくなるので、女性従業員なのかな?私は以前リフレクソロジーに通っていたんだけど、その時いつも女性のかたに施術してもらっていたのですが、ある時男性店長が出てきて私の施術をしてくれたんですが、なんかいやでその後その店には通わなくなりました。

美容師さんもだいたい女性を指名するんですよね。なんか男性美容師さんて会話がきもい・・・って思っちゃうんです。妙に馴れ馴れしいしって思ってしまう。

女性はなんでも同性にしてもらいほうが好きだったりしますよね。ってか基本何かをしてもらうのは、男性も女性も女性がいいのかな?そうすると男性でそういったものになりたい人って大変ですね。でもメイクアップアーティストとかみても、だいたい男性がなっている場合はおねぇ系ばかりなので、なっていると普通の男性でもおねぇ系と間違われそうですね。

加圧シャツのスゴさを試してみたい!

「加圧シャツ」という言葉を耳にすることが増えてきました。加圧という言葉は、キキメありそうな響きをもっています。時間をかけずに苦労なく痩せることができれば、生活もバラ色になりそうです。痩せるために開発された特殊素材を使用したシャツ。

科学の進歩はたいしたものです。私は試したことはないのですが、夫はすでに発注済。中年期に突入し、メタボと向き合う毎日。ジムに行く気持ちはあれど時間を作るのも難しそうだし・・。善は急げ、とばかりに何か手をうたなくてはと思っていた矢先。

夫に先を越された感はありますが、私もネットで検索中です。そうこうするうち、夫の鉄筋シャツが無事に到着。私もワクワクしています。夫のお腹が少しでもへこめば、若い頃の姿に戻るかもしれません。スリムなあの頃のカップルに戻れそう!夫は早速、着ています。一日や二日で、見た目に分かる変化は望めません。

でも、着るだけなら飽きることもないので加圧シャツ 効果への期待もLサイズです。一週間後、一ヶ月後が本当に楽しみ。加圧シャツのおかげで、体だけでなく気持ちにも圧力がかかってきたようです。

男性もシミが気になる

この間、知り合いの男性の人が顔にあるシミが気になるといっていました。今までシミがあることは気づかなかったのですが、言われてみればシミがある。
女性もシミの事は敏感になってしまいますが、やはり男性の方でも気になるのですね。
最近では、男性のメンズエステも浸透してきていますから美意識は高くなってきているんだなと思いました。

女性は、シミができた場合、一応化粧とかがあるのでなんとかごまかすことはできるけど、男性は一般的には化粧はしないのでシミができても隠すことができないのがちょっとかわいそうですよね。
男性もシミは気になるものですから隠したいとは思います。

シミがあるだけで年齢がいって見えるのでシミはなくしたいものです。
男性は女性より同年代でも年上に見える人が多いので、なおさらシミが目立つと老けて見えます。
この時期は紫外線も強くてシミになる可能性もあがってきていますから、男性も日焼け止めを塗ったりして紫外線対策をするのが良いですよね。

無駄づかいは気をつけて買い物しよう

買い物に行くとついつい無駄づかいをしてしまいますよね。洋服や雑貨など買わなくてもよいものまで買ってしまいます。気づくと財布の中のお金がなくなっていてやばい!と思ってしまいます。やっぱり買い物は、実物を手に取ってしまうと買う気があがりますよね。

ネットショッピングも便利なのでけっこう買ってしまうのですが、お店に行って商品を見ている方が手触りや使い方など細かいところまで見れるのでその辺りはお店にいって買う方が良いと思います。この間、特に買うものはなかったのですが、フラフラとお店を見て回っていたらこれも欲しい、あれも欲しいというものがたくさんでてきていつのまにか何点か買っていました。

こうやってお金って減っていくのですよね。ちょっとだけと思っていても積み重なるとけっこう大きい金額になってしまいます。気を抜いているといつのまにかモビットに頼らなければならないくらいになってしまうから注意が必要です。

でもやっぱり、買い物は楽しいのでやめられないのですが、なるべくなら無駄づかいはしないように気をつけたいですね。

子供の英会話教材

中学生になってから英語の授業が始まっていたが、このグローバル社会の中、日本人は英語が苦手という風潮も出てきた。そんな中で小学生から英語を授業に取り入れようと高学年から英語の授業がスタートした。

しかし、幼児対象の英語教材を探していると、誘い文句として英語の発音を聞き取れる力は9歳くらいまでですと言う。9歳というと小学4年生だから、ぎりぎりだよね。英語は小さい頃から聞いておいた方がいいと聞く。だから、早めに英語に触れさせるために英語教室や英語教材を探しましたね。

私は英語で苦労をし、英語に興味があるけれど話すことができない。そういう思いから、息子には英語を話せるようになって欲しいという願いから、小さい頃から英語に入っている。ただ、大人が英語を学ぶのと訳が違う。イスに座って英語の勉強だと飽きてしまって全然聞いていない。

少しゲーム感覚があったり、塗り絵をしたり、その子にあった教室や教材で飽きないように英語を学ばせたいですね。